2008年08月30日

夏の終わり

 大阪の八尾市で学習塾をやっています。

 僕は小学生以来、家を引っ越すことが多く、そのため転校も多かったんです。
 小学校は3つ行きました。
 そのうち、八尾市に住んでいたのが小学2年生から6年生まで。

 八尾市にはまだ田舎の風景が昔からあり、
 そういう町の雰囲気が今も好きです。
 家のすぐ近所の池でザリガニ捕りをしました。
 駄菓子屋さんのおじさんも良い人でした。

 小学4年生の頃。
 学校の隣にだだっ広い空き地がありました。
 僕は友だちと一緒によくそこへ行きました。

 初めてそこへ行った時、グルっと見回して子供たちが最初に考えることは決まっています。
 近所のお店に行き、段ボール箱をいくつももらいました。
 小さな町工場へ行き、木とかよくわからないガラクタをたくさんもらいました。
 小遣いを出し合って釘を買い、工具を家から持ってきました。

 テントが欲しかったけど見つかりません。
 だからたんぼで拾った大量のワラをかぶせたりしました。

 そしてそこを僕達は「基地」と名づけました。

 木をつなぎ合わせただけのグラグラする柱。
 板やらビニールやらワラやらをかぶせて屋根にして、地面には段ボールを敷いて、なぜか故障したテレビが置いてあったりする秘密の基地。
 家から持ち込んだ本や雑誌もありました。

 ほんとはどこからでも入ることができるのに、
 『勝手に入らないでください』と書いた貼り紙。
 僕たち自身でさえ、入る時には秘密の暗号が必要でした。

 僕か友だちどちらだったか忘れましたが、
 ある日、猫を連れてきました。
 生まれて間もない小さな猫です。
 エサをあげたせいで、猫は僕たちの基地になつくようになりました。

 家で何かケンカがあった時などは、僕はよく基地へ行きました。
 そこで一人で座り、下を向いているとその猫がやってきます。
 僕は猫が今でも好きです。
 そういう時は僕もつらいことがあった時なので、
 猫を撫でていると涙が出そうになりました。

 また、同じように何かつらい時に一人で基地に行くと、すでに友だちが一人でいることもありました。
 こういうときは友だちにもつらいことがあった時なんでしょうか、いろんな話をしました。
 クラスで気になる女の子の話だったり、番長役の子についてああだこうだ言い合ったり。
 当時、学校のクラスが僕たちの社会でした。

 そういう時間は本当に楽しかったです。
 夜遅くなると今度は本当に帰りづらくなります。
 それでも基地に泊まることができるほど僕たちは器用ではありません。
 やっぱりいっぱいしゃべった後は自分たちの家に帰りました。

 あるとき、基地に、友だちが女の子を連れてきました。
 自慢したかったんだと思います。
 本当は何か言いたかったのですが僕は黙っていました。
 でもその女の子が来たのは1回だけでした。
 やっぱり男同士の基地です。

 最後は僕たちの基地は壊れてしまいました。
 元のだだっ広い空地になった光景を覚えています。
 だけど、それが雨や風につぶされたのか、悪い人にやられたのか、自分たちで処分したのか、そこだけは不思議と覚えていないんです。

 転校してからあの基地があった空地へは一度も行ってません。
 今はどうなっているのでしょう。
 今度行ってみようとも思います。
 僕にとって大切な八尾市の思い出です。

 ここ最近、涼しくはなりましたが天気はよくありません。
 日曜の朝にかけて大雨になると聞いています。
 かなりの注意が必要だとも言われています。
 この悪天候が去れば夏も終わりでしょうか。
 風の音に秋の気配を感じます。

 夏の終わりになると小学校のあの頃が思い出されます。
 そして毎年、夏の終わりになるとこの曲が聞きたくなるんです。



この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

1日2万の「瞬間」

 昨日から模試が続いています。夏休みの締めですね。それと「2学期の勉強に向けて頑張っていきましょう模試」ですね。

 9月号の通信にも書きましたが(まだ9月じゃないのに3日前から配布してます)、

 <前向きにいきましょう>

 ということになりました。

 それから今日、

 先ほど本を読んでいたら、

 素敵な言葉に出会いました!
 本も僕の仲間の皆様に紹介していただいたのですが、本当に読んでよかったと思います。とても幸せです。

 その本には、

 人は1日2万の「瞬間」を経験する

 と書いています。

 お茶してたり誰かとしゃべったりしたり、ただ道を歩いたりする中で人はたくさんの瞬間を経験をしています。
 それが1日2万回です。
 そしてその瞬間に僕たちが何も考えていないということはありえません。、うれしかったり悲しかったり、感激(アハ!)したり落胆(ガーン)したりします。

 まずは、
 その2万回の瞬間に気がつけるかどうかですよね。瞬き(まばたき)の間(あいだ)と書いて「瞬間」ですからね。そうとう敏感にアンテナを張っていないと見過ごしてしまいます。
 見過ごさないよう、1日1万6千回くらいの瞬間に気がつけるようがんばっていこう。

 そして、
 経験する瞬間を前向きに受け止めたいです。悲しい瞬間も前向きに、辛い瞬間も前向きに。
 あとでもっと良いことがあるから、悲しいことも辛いことも経験するのだと思っています。だから前向きに考えて明るくいきたいです。
 あ、もちろん、うれしいたのしい瞬間に対しては、もっと元気に向き合います。

 成績とか勉強のこと、宿題のこともテストのことも、英単語の暗記も連立方程式の割合の問題も、みんなと前向きに受け止めながら一緒に取り組んでいきたいと思います。

 どうかな……、ポツリつぶやいてみます……。
 時々は……前向きじゃなくて後ろ向きになってしまうこともあるのかな。

 でも出来るだけ、
 これもまた1日1万7千回くらいの瞬間を目標にがんばりましょう。
 そして万が一後ろ向きな瞬間が多い日があれば、そんな日には読書したり空見上げたり、無我夢中に仕事や勉強に取り組んだり。

 ところで、1万6千回くらいの瞬間に気が付くよう努力して、
 1万7千回くらいの瞬間に対して前向きに受け止める、

 ってどういうことなのでしょう……。


 さあ、まもなく2学期。
 みんな運動会です。組み立てやダンス、競争にみんな必死になる時です。勉強も気合い入れていきましょう。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | 大阪 | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

夏の日の2008(日記)

 夏休みの後半授業も始まって3日が経ちました。講習最後の模擬テストに向けて、小学生も中学生も頑張っていきましょうね。

 僕はお盆休み中に、司馬遼太郎「竜馬がゆく」を読み始めました。かなりの長編なので、休みが終わってからはなかなか読めていませんが、少しずつでも読んでいきます。龍馬の生き方にいちいち感動しながら読んでいます。何でもすぐに影響を受けますから。

 気持ちでも行動でも奮い立たせるための元になるものはいつだって自分自身の内部にあります。けど、その自分自身を目覚めさせるものは外部からの刺激です。だから外部へのアンテナはしっかりと張っておいて、いろんなことにすぐに食いついていきます。
 そして自分自身を目覚めさせる外部からの刺激っていうのは「人」でしかないと僕は思います。司馬遼太郎という人が描く坂本龍馬という人から受ける刺激がこんなに大きいものならば、まだまだ続くこの長編小説にもワクワクした気持ちになれます。

 オリンピックももうすぐ終わります。
 北京からは少し離れた大阪のテレビを通してしか見ていません。けれど見事メダルを手にした人からも、残念ながらとることはできなかった人からも、その闘ってる姿からたくさんの刺激を受け取っています。あんなにも頑張っている顔、一生懸命になっている顔を見せてもらうとこちらも気持ちがいいし、元気をもらえるし、自分に出来ることを精一杯やってみようとします。

 夏はもう少し続きますが、2008年の夏は皆さんにとって有意義なものになりましたか?

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | 大阪 | Comment(0) | ボヤキや雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

原稿用紙が好きでした。

 小学生たちは漢字や計算だけでなく、読書感想文を書いている子もいます。
 聞いてみると、読む本は決まっててもう読み終わった子もいるようです。

 小学生の時から何かしら文を書くことが好きでした。
 (今考えれば)すぐに解決できるような推理小説を書いてみたり、詩を書いてみたり、冒険モノを書いたり。感想文はちょっと苦手でしたが、詩や小説、それから作文を書くのは好きでした。

 小学6年生の時でした。
 課題は忘れました。クラスで何か作文を書こうということになって、その授業時間は作文の時間になりました。
 僕は例によってスラスラ書けたように思います。書き進めることはそれほど苦ではありませんでした。

 クラス全員が書き終えて、先生に提出します。そして次の日くらいでしょうか。なぜか僕は先生に呼び出されました。その時は多分自習時間ではなくて、何かの作業を各自しなくちゃいけない時間だったと思います。

 何だろうと思って先生の所へ行くと、例の作文のことでした。
 「なぜ、こんな作文を書いたんだ」
 どういうわけか先生は怒っています。
 え?
 僕としてはごく普通のことを書いたつもりでした。でも先生は怒っていました。

 その作文は、戦争のことや日本の歴史のこととは全く関係のない内容でした。
 ごく日常的なこと、僕自身がその頃感じていたことを作文にしたものでした。
 ところがその作文の中で僕は何度も、太平洋戦争時に日本国が掲げたスローガンの一つを多用していました。
 おそらく何かで聞いたり読んだりしたことがあったその言葉を、歴史的な背景も全くといっていいほど知らないままに、その頃の日常を語る上で僕は使っていたわけです。ひょっとすると言葉のリズムだけで使ったのかもしれません。

 けど僕の言い分としては「いえ、そういうつもりで使ったつもりはありません」です。
 言葉の持つ背景を知りませんし、言葉の意味ですらちゃんとわかっていたわけではありません。
 何らかの歴史認識や伝えたい皮肉があって使ったわけでもなく本当に無知で使ったわけですから、はじめは怒られている理由さえ僕にはわかりません。

 けどその時先生はそこから1時間くらいかけて、僕が軽い気持ちで使ったその言葉の重みを教えてくださいました。それでようやく当時の僕にも(なんとなくだったかもしれません)自分がなぜ呼び出されたのかがわかりました。
 それは言葉というものは国語辞典に載っているような意味だけではない、ということを知った出来事でした。

 けど、それだけではありませんでした。
 前より増して書くということに強く関心を持った時でもありました。書くということにはものすごい力があるんだということを知りました。それまでも文学は好きでしたから本も読んでいたし文を書いてもいたけど、改めてこんなに面白いものはないと思いました。
 今では原稿用紙を使うことが少なくなり、キーボードを打つようになっていますが、書くということはやっぱり好きです。この時の出来事が大きいんだと思います。だけどただ好きというだけじゃなくて、これからも言葉や書くということ自体をもっと勉強したいです。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | 大阪 | Comment(2) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

パズルやってます

 午前中に小学生の授業があるのですが、夏に入ってからはだいたい毎回授業前にパズルをやっています。
 いつも定番モノや新作で楽しませていただいているのは、りんごパズルです。りんご先生にはずっとお世話になっております。
 ジ〜ッと考え込んでてある瞬間にパッとひらめいてスラスラ数字をたどっていくという子もいれば、いろいろと試行錯誤して鉛筆と消しゴムを動かしながらゴールへ導く子もいて、子供たちによっていろいろです。
 子どもたちはみんなもうかなり慣れた様子で、取っ掛かりが早くなってきました。パズルには「計算力」であったり「ひらめき」であったりやっぱりそういう効果はあるんだと思います。でも僕自身はりんごパズルを通じて、何よりもまず子供たちの積極的に取り組む姿勢や達成して喜ぶ時の表情が一番だなって感じます。


 …あと…軽く流していただいて結構なんですけど(笑)、夏休みの自由課題ということで、このミスチル好き(の僕)が詩など書いてみました。
りんご先生に捧げます。

【パズル】

ゴールはすぐ目の前だと信じている
何度もつまづいたり
何度も立ち止まったりもした でも
あきらめることは一度もなかった

生きていくためにはルールがあって
みんな最初はそれにとまどい、もがいたりもするけど
やがて、与えられた「自由」の意味を知り
一筋の道を切り開く

だれよりも先に幸せへのいっぽんみちを通った友を見て
歓声あげながらあとに続こうと必死になるグループと
悔しくて悔しくてもそれをバネに頑張っているグループを
エリア分けしながら僕はハニカム

紙に書かれたパズルを解くように
僕たちは立ち止まる時もあるけど
いつかここから飛び出して
自分の世界を築いていきたい
たとえゴールがすぐ目の前でなくても


この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | 大阪 | Comment(4) | 塾の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

どんどん変わってく

 クラブも活発でバテバテでも授業にがんばって来る真黒に焼けた子もいて、昼間からガンガン学校や塾のプリントをやっている(わりと)日焼けしていない子もいます。午前中は小学生たちが計算問題に夢中になっていたり、読書感想文を書いていたりします。塾が終わってからプールへ行くって子もいます。
 みんなそれぞれの夏休みを過ごしています。そして塾の使い方もみんなそれぞれいろいろです。自習スペースに座席指定なんてないのに、自分に合った席へ自然に座り、時々は椅子や机の配置まで変えちゃう子もいます。
 うちの塾にはうちの塾なりの規定がありますが、それらの中でみんながみんな個々自分流の教室環境を感じてくれているんだと思います。
 それで良いって思います。

 塾が出来た頃は「こんな塾にしよう」「生徒さんにこんなことで喜んでもらおう」とかっていうこちら側の意識や希望があって、今ももちろんそういうものはあるわけですが、ただ、だんだんとそういうのって生徒さん達の側から自然に出来上がってくるものだなぁ〜っていう実感もあります。
 小説や漫画には登場人物がいて、作家が最初にその人物のキャラなりセリフなりを作るわけですが、連載していく中で登場人物自身が自然にセリフや行動を決めていくようになる(って聞いたことがあります…多分)みたいなものでしょうか。

 ああ、うちの塾は将来こうなっていてほしい。
 ってもちろんあるんですよ、僕なりに。
 けど、それは生徒さん達が築いていってくれているんだ。
 っていうのもあるんだってことです。

 ということは、
 将来こんな塾にしていきたいっていう目標を叶えていきたいし、その中身はできるだけハッキリさせておきたいとは思うけど、その一方で、これからどんな塾になっていくんかなぁーっていう楽しみだってあるわけです。そこにはたくさんの可能性がありそうですもの。

 『何が起こっても変じゃない、そんな時代』ですが、良い方向へ向かっている。進化し発展し成長へときっと向かっています。それなら良いって思います。
 『誰の真似もすんな 君は君でいい』ってことです。
 だって楽しみじゃないですか。『果てしない闇の向こうに 手を伸ばそう』ってことです。
 ・・・すいません、ちょっと調子乗りました。・・・個人的な趣味であるミスチルを連発してしまいました。笑
※『 』の上から、「【es】」、「終わりなき旅」、「Tomorrow never knows」。

 要するに・・・、
 もっともっと、良い塾にしていきたいし、
 そうなってほしいってことです。
 通ってくれるみんながひとりひとりいろんな子たちだから、みんながこれからもどんどん良い塾にしていってくれるんだと願い、信じています。

 「白か黒で答えろ」という
 難題を突き付けられ
 ぶち当たった壁の前で
 僕らはまた迷っている 迷ってるけど
 白と黒のその間に
 無限の色が広がってる

    (Mr.Children「Gift」より)

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | 大阪 | Comment(2) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

読書…

 授業が空いている時には少しでも読書がしたいなって思っているのですが、なかなか出来ていません。
 小学校低学年の課題図書で「かわいいこねこをもらってください (ポプラちいさなおはなし 12)」を読んだのですが、これはホント良かったです。
 みんなにもちょっと読んでもらいたいなってことで、本棚とは別にして、こんな感じで置いてみました。

kadai.JPG

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | 大阪 | Comment(3) | 旧『終わりなき旅』の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。