2009年07月30日

あえて古い方を選ぶことも。

 以前にプリントを作る時のことを記事にしたことがあります。そうそう、思い出しました。あのときは確かとよ爺先生からコメントをいただいたのでした。
 教材を作る時に切り貼りして作るか、パソコンで作るかってことです。

 僕はエクセルやワードも使いますが、はさみとのりを使って作ることもあります。
 どちらが良いって言われても、「その時次第」、ですよね。
 確かにエクセルの関数なんて便利だし、修正とか反復課題がやりやすいです。でも、手書きの方が読みやすかったり親近感がわいたり、何よりも、やる気が出たり成績アップにつながったりします。
 だから、その時その時ですね。

 新しいことをドンドン採りいれていくことは大切なことだと思います。僕はいつまでも古いことに固執することは好きではありません。新しいもの好きです。けど、やっぱり昔からあるものや無くならないものというのは、どこか良い要素があるから続いているんだと思います。


 何かの本で読みました。

 ある会社では入口の自動ドアが壊れてしまっていたそうです。自動ドアの前に立ってもセンサーが感知してくれなくて開かないんです。

 そのため来客があるたびに、その会社のスタッフは入口までその壊れた自動ドアを手で開けに行かないといけません。ドアの前に立った来客も「なんで開かないんだ」って思うし、スタッフも来客の度に席を立たないといけないわけです。

 ところが扉が壊れてからというもの、その会社内では商談がうまくいくようになったんですね。それに来客はみんな良い顔をして帰って行くんです。

 どうしてでしょうか。

 壊れた自動ドア、いえ、もはや手動ドアですね。これがキーだったようです。
 つまり、来客がある度にスタッフは壊れた自動ドアを開けるため入り口まで行きます。そしてそこで顔を合わせるわけだから挨拶をするんです。「おはようございます!」「こんにちは!」「いらっしゃいませ!」
 自動ドアが手動ドアになってしまったことでかえって、来客とのコミュニケーションが増え、迎えられる側も迎える側も気分が良くなりました。それ以来、その会社は社内のすべての自動ドアを手動ドアに変えたんです。そんなお話です。

 時代の流れからいえば、手動から自動に変わっていくものなのに、その会社は自動から手動に変えたんですね。あえて古い方を選びました。

 新しいものをどんどん採り入れていくことも大切ですが、うまくいかないんだったら意味はないと思います。要は、うまくいく方を考えて、それを続けたり、さらに良くするために分析したりすることこそが必要なことなんでしょうね。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

本田篤嗣先生の「Amazonキャンペーン」

 「fine day」など受験生応援ソングでお馴染みMr.Hondaこと本田篤嗣先生が今月、本を出版されました。

 それが「君の成績をぐんぐん伸ばす 7つの心のつくり方」です。

 本田先生には当塾の開校年よりお世話になっています。当塾が出来て一番最初の中学3年生が聞いたのが、先生のfine dayでした。以来、毎年CDを聞かせていただいていたのですが、今年はいよいよ本が出ました。

 さらに、
 今回、Amazonキャンペーンまであるんです。
 7月30日、31日に先生の方をAmazonで購入した人に、受験生応援ソング第2弾「みんなへ・・・」の特別バージョンがプレゼントされます!
 「みんなへ・・・」といえば、曲は本田先生で、歌詞が みかみ先生。夜の空には煌めくオリオン♪
 特別バージョンってどんなんだろう。ドキドキワクワクです!


 このブログを読んで下さっているみなさんも是非この機会に! そしてみんなで「みんなへ・・・」を聞きましょう♪

本田先生の本、Amazonキャンペーンの詳細、購入はこちらから!

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注目するのはどの部分?

 この図形をどう思いますか?

en.jpg

 未完成の円ですか? 惜しい!もう少しでちゃんと円が描けるのに。だったらなぜ円が描けなかったんでしょうか。コンパスで描いたとすれば、最後の指のひとひねりが足りなかったのかもしれません。

 でも、円を前提として考えるから未完成だと思うんですよね。そもそもこういう図形かもしれないじゃないですか。一本の曲線だとすれば、これは何も未完成ではありません。 曲線を描こうとしたのであれば、むしろこれはすでに完成品です。

 たとえ円だったとしても、「あともう少しなのに何故描けない」とか「線が足りない」というのではなくて、「9割ぐらいは出来ている」「ここまで上手に描けた」って思える方がなんだか楽しいです。

 出された宿題は全部やっておきたいものです。
 けど提出日の時点で、子供がやっているのが6割だったとすれば、何も聞かずに「なんで出来てないんだ!」って、言っちゃいませんか? 出来ていない4割に注目してしまったんですね。
 でも、同じ状況でも「ここまではやってこれたんだね!」ってとらえる見方もあります。6割に注目しているわけです。

 もちろん出来なかった理由を考えることで、次から改善出来ることだってあります。当日ギリギリになって手をつけたから間に合わなかったと思ったら、次からはもっと早くにやっておけばいい。
 けど出来た理由を考えてみても、ちゃんと考えることが出来ればやっぱり次から改善されることってあるんじゃないでしょうか。当日ギリギリで6割出来たんだとすれば、前日から始めたら十分間に合う。前々日から始めていれば余裕だって持てる。

 何もわざわざ、怒られる側も怒る側もストレスにつながる方法で教育しなくったって良いと思います。怒る側も怒られる側も心穏やかに、それでいて解決に向かえる方法で教育する方が、子供は伸びますよね。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学が好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

内装工事

本日、塾内の一部内装につき、現在工事中です。
完成すればお子さん達にさらに快適な学習環境が提供できるかと思います。

今日の夜の授業は通常通り行います。ただし、集団授業の場所にクーラーがつくのが明日になりますので、今日限定の特設スペースを設けます。

今日明日の作業ですから、模様替えも含めると月曜日には完全体になっています。今日と明日とあさってだけ、すいません、ドラゴンボールのフリーザみたいに段階的に変異しますが、どうぞご了承ください。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 塾の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

良い所も探せばいっぱい。例外探し!

 こんにちは。

 ALL ABOUTというHPがあって、何か調べ物をしたいときなんかに検索するとよく出てきます。

 僕は心に関心があり、調べることがあるのですが、「なるほどなぁ〜」って思った時にはメモしたり保存したりするんです。

 今日は素敵な言葉に出会いました。でもけっこう前の記事みたいですね。

こちらより引用(2009年7月15日現在)

(引用始まり)
「つまらない生活」の「例外」を探そう!

「100年に一度」と言われる大不況に見舞われるなか、「何もいいことがない」「これからよくなるはずがない」と悲観し、頭を抱えている人も多いでしょう。

人はストレス状態にあると、極端にネガティブな発想にとらわれがちです。その思いに任せていると行動や発想が抑制され、さらに出口の見えないマイナス思考の迷宮へと導かれてしまいます。

そこで、「何もいいことがない」と思い始めたら、意識してその「例外」を探すことが大事になります。

(引用終わり)

 本当は「何もいいことがない」わけではなくて、静かな空間でじっと考えてみると、実は良い経験もしてるんですよね。なのに、「何も〜ない」って全否定、完全否定してしまうと、つまらないですよね。つまらないということは、けっこうストレスです。やっぱり良いことも見つけていきたいです。

 お子さんのテストの成績を見ていると、つい悪い所ばかり気になってしまう、そうしたら良いところが見えなくなってしまう。
 そんなこと、ないですか?

 英語がまた悪い。いつも悪い。単語を覚えることができない。文法もわかっていない。「つまらない」ミスばかりしてしてる。
 これだとナイナイだらけです。そして一度ナイナイ癖がついてしまうと、英語に限らず、いろんなことがナイナイになってしまいます。
 「単語を覚えることができない」が「なんにも覚えられない」とか「なんにも覚えようとしない」となったり、「もうとにかく何を言っても理解できない」、「勉強の仕方がわからない」・・・。人ってそうなってしまいがちなんですね。

 だけど探してみるときっと例外はあります。何にも覚えられないじゃなくて、「興味がある歴史なら覚えられる」といったような例外です。「○○先生の話ならよく聞いている」、「ノートの取り方がすっごく丁寧」。そういうのだってあります。
 どうでしょうか。小さいことでも良いんです。何か見つかりそうですよね。


「いーや!いっつも頭の中グチャグチャで、もうワケワカラン!」

 でも「口頭で発問された時は、きちんと答えようと頭の中で最後まで整理してから発言しようとする」力がある、そんな子だっていますね。

 残念なことに、
 ずっと悪いことばかりに注意すると、注意している側も注意されている側も、その悪いことだけじゃなくて良いことも含めて全部をつぶしてしまいます。

 恥ずかしいことなんですけど、ネクタイのホツレがずっと気になっていたんです。で、気になってしかたないものだからホツレている糸ばかり触っていたら、そこじゃない部分までユルユルになってしまって、そのネクタイは使い物にならなくなっちゃいました。せっかくのお気に入りの刺繍も台無しです。
 ま、どうでもいい話ですが。。。

 点数だったら悪い部分は良くしていきたいです。けど、出来てない中でも例外をたくさん見つけて、今ちゃんと出来ているところに注目していけば、点数の悪い科目や単元の解決方法がわかってくると思います。
 「こんなこともできない、何もできない」じゃなくて、「ほら、こういうところはきちんとしてるもんね、できてるよね」っていう見方をしていくと、悪い科目の勉強にも応用できるんです。


 テストの点数だけではありません。
 生きてたら嫌なこともたくさんあると思います。辛いことばっかりって思う時期もあるかもしれません。ちょっと苦手な他人だったら、嫌いな部分ばかりが出てくることもあったりします。いえ、僕はありませんけど。
 でも、嫌なこといっぱい、辛いことだらけ、嫌いな理由だけって考えるんじゃなくて、例外を探すと良いこともきっとありますよ。

 ちょっとだけ静かな場所に行ったり、誰かと話し合ったりしてみて、「例外探し」をしてみるって良いですね。
 例外探しをする方がそのあと心はスッキリするし、自分や誰かのためになります。それに、例外探しの時間自体もけっこう楽しかったりするんだな。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(4) | TrackBack(0) | 心理学が好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

保護者面談

 しばらく在籍の保護者様との面談が続いています。そのため、更新が出来ていない状況です。すみません。

 けど、
 保護者さんとの面談は楽しいですね。
 楽しいといっても、もちろんルンルン♪という楽しさとはまた違うのですが、いろいろとタメになります。そしていつもそうですが、面談の度に感謝の気持ちがいっそう増します。

 みなさんお仕事やおうちの仕事、それから今週は学校の面談もありますからお忙しい中、お越し頂いて本当に感謝しております。ありがとうございます。

 失礼します。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 塾の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

夏期講習の準備など

 夏期講習の準備やイベントごとなどでバタバタしてまして、ブログが書けませんでした。

 ブログは・・・、
 毎日書かなきゃって思ってた時期もあれば、それほど書かなくても・・・って時期もありました。けっこうブログ歴が長いので、いろいろなつきあい方をしてましたが、今は書くことがあれば書こうと思っています。
 それでも、書いていない日でも訪問してくださる方がいらっしゃって、申し訳ないです。
 以前に、更新されてないブログを訪問する度にいつまでも放置された自転車を見るようで辛い、と他のブログで読ませてもらったことがありますが、そんな残念なお気持ちにさせてしまうのは恥ずかしいですね。頑張って書きます。


 さて、
 おとといの日曜日は、小学生の子たちと一緒にキッザニア甲子園に行ってきました。
 これまで小学生の子たちに対してイベントごとが何もしてあげられませんでした。それで、おかげさまでそういうことにも意識が向けられる余裕が出来たということなのか、行ってきました。

 たくさんの会社が入っていて、そこで子供たちが職業体験をすることが出来ます。クロネコヤマトで宅配の業務が出来たり、朝日新聞社で新聞記者となったり、オートバックスで車の整備をしたり、大和証券で投資家から依頼を受けて会社の調査をしたり。
 コカコーラでコーラ作りをするのやピザハットでピザ作りをするといったこともあったのですが、食べ物系はもうめちゃめちゃ混雑していて子供たちは並ぶ時間も惜しいために行けなかったそうです。
 5時間もの間、子供たちはキッザニア町をウロウロと歩いて自分の行きたい職種を体験するのですが、みんな元気ですねぇ。大はしゃぎでした。

 で、その日は僕も仕事を忘れて(ていうか仕事なんですが)子供たちの働く姿を見て楽しませていただいていました。
 そして昨日、今日はさっそく保護者面談が続いていたので、ちょっぴりバタバタしてました。

 夏期講習の日程調整やテストの結果などで面談をしています。僕はもともと人見知りで緊張しぃなので、面談の時には何かとご迷惑をおかけしていると思います。
 が、保護者の方々のお子さんに対する気持ちをお聞かせいただくとやる気もまた倍増しますし、保護者さん方とお話するのは楽しいので好きです。ありがとうございます。口べたなので、皆さんお忙しいのに長い時間かけてしまうこともあり、すみません。。。

 ああ、
 特にテーマも何もないただのダラダラ日記になりました。
 すみません。。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 塾の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

笑顔を作らないといけない時

 笑顔を作ってないといけない時に限って、笑顔でいることが難しい。

 ・・・ってこと、ない?

 一生懸命な時とか、明日や近い将来のこと考えてピリピリしてしまう時って、自分にとって一番大切な時ですよね。けど、そういう時こそ人の力を借りないといけなかったりします。ホントは頼らないと倒れそうなんです。

 なのに、一生懸命だから、ピリピリしているから、顔が引きつってしまいます。こわい表情を他人に見せてしまうことがあるかもしれません。だから人は近づいてくれないし、自分も頭の中がイッパイイッパイになって、もがいてしまう。

 そんな、誰かを必要としている時とか、自分でも自分に元気を与えないといけない時は、笑顔を作れば良いんですよね。そうすればスッと緊張感がほぐれて優しくなれるんです。だから鏡に向かって、笑顔を作ってみたらいい。でもただそれだけなのに、難しいんですよね、これが。。。

 でも、そんな時、顔が引きつっているから周りが近づいてくれない時に、それでも「笑って」って言ってくれる人がそばにいてくれたら幸せです。普通なら遠ざかっていくはずなのに、近くに来てくれて楽しく接してくれたら、うれしいですね。

いつも君が笑ってるから
その笑顔が胸にあるから
繰り返しの日々を乗り越えて行けるのは
そう 君がいるから
  〜〜GReeeeN『君想い』


 良い歌詞ですねぇ。
 明日もがんばろう〜!

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学が好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。