2011年02月26日

試練とか節目とかそういう話

 先日、花屋さんで椿(つばき)の苗を買いました。
 いくつも蕾(つぼみ)が付いていて開花が楽しみです。
 でも室内で育てているので、どうなのかな。。。

 2月もあと数日。
 もうすぐ別れや出会いの季節ですね。

 中学生は、3年生が公立高校の後期入試直前。
 1年生や2年生も学年末テストが直前です。

 今がんばらないでいつ頑張るの?っていうところでしょうか。


 さて、
 武士といえば、どういうイメージでしょうか。

 町を大威張りで歩いているところを思い浮かべる方がいるかもしれません。気にいらない人間がいると「切り捨て御免」といって持っている刀で……。

 江戸時代の武士というのは確かにそういうイメージかもしれません。

 鎌倉時代の武士はどうでしょう。
 それまで政治を行う中心が貴族だったのに対し、良い国作ろう鎌倉幕府…そう1192年に源頼朝が武士としてはじめて幕府を開いたのでした。

 ここから武士による政治が始まるのです。

 が、
 一部の有力な武士を除いては、この時代の武士はかなり質素な暮らしをしています。
 普段の生活は、武芸のけいこもするんですが、通常は自分の土地を守るために働いていました。
 誰かに耕作させることもあるのですが、自分自身も農具を持って汗をかいて、農作業をしています。

 その土地というのは、武士にしてみればお父さんおじいちゃん、そして御先祖様が大事にしてきた土地なんです。
 自分もその土地を命がけで守っていかなくてはいけない。
 そういう土地です。

 大切な大切なその場所を、命がけで守っていく…、
 そんなところから生まれた言葉が、「一所懸命」です。

 今は「一生懸命」と書きますし、どちらで書いてもきっと×にはならないでしょうけど、もともとは一所懸命。
 1か所を命がけで守るから一所懸命です。

 だってぶっちゃげ・・・、
 一生を懸命に生きてたら、しんどいでしょ?(笑)
 みんな、そこそこ頑張る所は頑張ってるけど、気を抜くところは気を抜いて生きていませんか?
 …って正直なところ、僕は思います。


 人生を一本の竹のように例えると、すーーーとあんなにも長く生えている要所要所に節があります。
 つまり、いつも頑張ってるんじゃなくて、何年に一回とか何カ月かに一回とかそういう節目で、頑張らなくちゃいけないところが僕たちにはあるんです。

 入試やテストの時とか、誰かに告る(コクる)ときとか。
 これから先はもしかしたら就職の時とか。
 そういうときが必ずやってきます。

 そんなときに、もしテキトーにしてしまったとしたら。。。
 どうですか。

 今がんばらないでいつ頑張るの?
 っていう所。
 そこで頑張らなきゃ、絶対後悔してしまいそうな。
 そんな所。

 たとえば受験でいえば、
 受験の時にちゃんと進路とか勉強のこととか一所懸命考えられない人が、そのあとにやってくることをちゃんと考えられるはずがないと思います。

 いつか訪れる「試練」っていうのがあるけど、試練って自分の能力で不可能なことならそもそも最初から訪れるはずがないと僕は考えています。
 その時に乗り越えられるであろうからこそ、その時に訪れるんです。
 そこをテキトーにするなんてありえない。
 僕はそう考えています。

 つらいこともあるかもしれません。
 合格倍率がどうなるか怖く感じるかもしれません。
 今までやってきた努力って何だったの?って不安になることもあるかもしれません。
 なんかもう泣きたくなることもあるかもしれません。

 それが、人生の大切な節目なんだと思います。
 一所懸命になってください。
 みなさんの尊敬できる人生の先輩がそばにいるとしたら、その人もきっとその節目を経験してきたからこそ、今みなさんが見て「立派だなぁ」って思える姿がそこにあるんだと思います。

 見てるだけですけど、応援しています。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

みんなイルカの話

こんにちは。塾長の島幸樹です。

風は冷たいのと暖かいのとが交互に吹いて、でも、暖かい風の割合が日に日に高くなってきて、春を感じる今日この頃。

昨日生徒さんたちに話したこと。
イルカには自他の区別がないという話を聞いたことがあります。
イルカ社会において、いやイルカ個人においては、ワタシとかアナタというのが存在しないんですってね。
みんながみんな、「みんなイルカ」なんです。

だから例えば群れの中で一匹だけ調子が悪いイルカがいたら、みんなでそのイルカをかばおうとします。
あいつは自分とはちがうから、って思わない。だからといってアイツのために、とも違う。
要は、「みんなイルカ」なんです。みんなで心を痛めて、みんなでなんとかしようとします。

例えば、僕らでもお腹が痛くなったら、お腹の痛みを何とかしようとしますよね。
横になったり、トイレに行ったり、お医者さんに行く人もいるかもしれません。
お腹が痛いから何とかする。
お腹以外の、脳や身体の部分が腹痛を治そうとみんな一生懸命。
みんなイルカもそれに近いのかな。
群れの中で一匹だけ調子が悪かったら、みんな辛くて、みんなで何とかしようとする。


人の不幸とか自分の幸せとか。
そういうことが考えられるようになった僕たち人間は、他の生物よりも進化したからこそ、そういう考えを持つ能力を身に付けました。
自分と他人の区別が出来るからこそ素晴らしい人間らしい営みって確かにいっぱいあると思います。

でも。。。


今日から少しだけ、
「みんなイルカ」を意識してみようかな。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

私立高校合格☆「強い精神力」のお話

 昨日と今日とで、大阪府私立高校入試の結果がそろいました。
 当塾の生徒さんたち、全員合格でした。
 おめでとうございます☆
 みんながんばっていたから、その結果です。
 今日の発表で、進路が決定した子は、本当におめでとう。
 高校生の準備をしながら、公立入試を受ける友達を応援してあげてください。


 受験生の授業を終えて、そのあと読書をしていたのですが、
 なんか本に集中できず^^、心に思いつく徒然をカメラの前で一人しゃべってみました。
 すぐに見ようなんて思わないでね☆あとからで良いから…(笑)




 ではでは。
 アデュ〜♪

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹

2011年02月07日

私立高校前の最後の授業

 先週から、塾内に有線を引きました。
 教室内にBGMがほしいなぁと思ったことと、それによってリラクゼーションの効果もあると良いなぁ〜というのと、教室内がザワザワしないように、ということなど含めてのことです。

 僕はポップスも好きだし、クラシックも好きなのでウキウキです^^
 授業中は、静かなバックミュージックを流しています。

 音楽があるってけっこうステキです。
 子供たちは授業を受けに来てくれているのでわかりますが、
 保護者さんがた、
 塾にBGMってどんな感じなのかって一度見に来てくださいね。


 さて、
 大阪府では10日(木)が私立高校の入試。
 今日は全体がそろっての最後の授業でした。
 といっても、まだまだ何も最期じゃないんですけど、私立専願で合格が決まる子もいますので、その子たちもそろっての授業としては今日が一応の締めです。


 毎年のことですが、
 ちょっと寂しいんですね。
 ここが人の感情の不思議なところです。
 嬉しさもあるんですよね。だって、子供たちは巣立っていくわけですから。
 入試もちゃんと乗り越えて、中学卒業もして、これからさらにいろんなことを経験するだろう高校生活。
 一緒にすごせたことが嬉しいのに、でもなんか寂しいんですね。

 当塾ができたときの最初の生徒さんが当時小学5年生(小4の最後の方)でした。
 その子も、この3月で卒塾します。

 やっぱり2月にもなると、そんな「終わり」が見えてくるので、ちょっと寂しいです。
 背も高くなり、もっと子供との会話をしていたのは最近だったような気がするのに、気がつけば進路や日常生活のことで対等に話をしています。

 もっとみんながみんないろんなバラバラな方向を見ていたような気がするんですが、今ではみんな1つの方向を見ているって感じ。

 なんか、うれしくて寂しくて切ないですね。

 いやいや、
 まだまだこんな話を書く時期じゃないですね。
 これからこれから。
 がんばりましょー。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 塾の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

(動画の実験)読書って

 塾長は何でもやってみることが好きです。
 だからよく失敗します。
 でも、その失敗は失敗と考えずに「経験」とか「実験」とか「発見」と置きかえるのが僕のクセです。

 というわけで、

 ダラダラしゃべってるし、しゃべってる内容もよくわかんないし、下手くそですが、
 最近凝っている動画をアップしてみました。



この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。