2011年06月25日

ウクレレ作り

 今日はお昼に小学生たちと一緒にウクレレ作りをしました。

 昨年度は理科実験コースを受講の子達を対象に月2回、授業として実施していたんです。
 けれど、今年はそういうのとはちょっと違って、毎月希望者のみで集まってイベントっぽくやっています。


 今月は、ウクレレ作りです。

 これ、けっこう本格的。
 作るのもけっこう難しくて、みんな途中何度か頭を抱えたり、泣きそうになったり(笑)しながらやっていました。

 ネジがうまく固定できなかったり、接着剤が乾かないうちに触ってしまったり。

 ようやく音が鳴るようになっても、そこからチューニング。
 これまたうまくいかない。


 でも、みんなちゃんと完成することができました。
 色を塗ったり、絵を書いたりもしたので、世界にひとつしかないウクレレです。


20110625.jpg

 来月もまた楽しいことをしたいと思います。
 来月と再来月は、夏休み中ですね。




この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | 塾の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

意外にゆっくりと流れている時間

 昨日ぐらいから期末テストの1週間前。
 クラブも休みになって、子供たちは少し早い目に授業へ来て勉強しています。

 4時すぎくらいから何人かが教室に到着しています。

 だいたい学校が終わって家についてお茶飲んで…という流れはみんな一緒なんでしょうか、
 一人が来ると、そこからバタバタっと続きます。

 だけどそれはもちろん全員ではなく、家で勉強する子達もいます。
 授業時間以外の時間も教室を自由に使っていいってことにしています。
 補修とか追加の授業はありませんが、自主学習は自由です。


 前回は最初ということもあって、塾で試験勉強をすることを啓発してけっこう呼んでいました。
 ただ、今回からは呼んで勉強させることはありません。

 自主学習は自主的であるべきだと僕は考えています。
(文字通りですね…)

 ということもあるんでしょう、
 おしゃべりは決してなくて、静かに時間が進みます。
 教え合いもなく、友だちと来てても、それぞれがそれぞれのことをやっています。

 前回のテストのときは、見ていると、こう、なんていうか、落ち着きのない子もけっこういたものです。
 あれやったりこれやったりと、とにかく忙しそうな様子がうかがえました。
 ところが今回は、そういう焦った感じではなく、みなさん、いい意味でマイペースにやっています。
 落ち着きがあります。


 かつては、試験前になると試験対策授業を啓発する塾へ勤めていたこともありました。
 プラスいくらかを保護者様にご負担いただいて授業を強化するんです。
 試験前、そういう中で子供たちが必死になることもとても大切なことです。

 一方で、
 必死になることと焦ることは違います。

 やっている子は意外にゆっくり落ち着いているものです。

 まるで自分が今やることを知っているかのように、
 とにかくただ冷静に静かに、
 やっています。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。