2014年01月14日

【小4・5・6年生対象】本当の国語力を身につけ、人間力を高める『心の国語』

 いつもありがとうございます。
 塾長の島です。

 今回は、塾の中で行う授業の話ではなく、
 塾の外で行う授業のご案内です。
 塾長が3月から開講する授業なのですが、2月23日(日)に保護者説明会を行います。
 ぜひご覧いただけると嬉しいです。

====
 【小4・5・6年生対象】
本当の国語力を身につけ、人間力を高める『心の国語』
心の国語 案内.jpg

本当の国語力を身につけ、人間力を高める『心の国語』
3月からの開講を前に、2月23日(日)に保護者説明会をいたします。

【15文字で書き抜きなさい】
 と問われたら、文章を読まずに15文字の言葉ばかり探していませんか?
【『それ』とは何を指すか?】
 とたずねられたら、機械的に直前の文章を写そうとしていませんか?
 そういうのは本当の国語力ではなく、いわば国語解答力なんです。

「国語が伸びる子は他の科目も伸びる」と言われます。僕もそう思います。
 ただ、残念ながら、そういう国語の指導がほとんど、されていない。
 本当の国語とは、他の科目もわかるようになる読解力が身につくだけでなく、他者や自己とのコミュニケーション力を高め、人間力を磨くことを可能にします。

 心理カウンセラーであり学習塾講師である島幸樹が、未来を築く小学生の子どもたちに、責任をもって本当の国語を指導します。


☆☆☆

 授業は月1回、日曜日、年間12回を予定しています。
 年間受講、単発での受講どちらも可能です。
(定員には限りがあります)
 場所は難波市民学習センター
 ※場所が変更になる場合があります。

 授業では、音読と読解を行います。
 まずは読むということ。声に出して読むこと、声に出される文章を聞くこと、目で追うことを通じて、日本語独特のリズム、語彙、表現を身につけます。
 そして読み解くということ。文章から個々の子どもたちが何を感じるか、読み取るのかを大切にしつつ、受講される子どもたち全員で文章をより深く理解することを学びます。

 対象は、小学4・5・6年生
(それ以外の学年の場合、ご相談下さい)
 私立・公立を問いません。
 授業は合同で行います。
 点数を上げるテクニックを指導する授業ではありませんが、授業を受けたお子さんたちが本当の国語力を高めることによって、国語やその他科目の成績がアップすることも目的の1つです。 

☆☆☆

『心の国語』の授業について詳しい説明を、2月23日(日)に行います。
 場所は、大阪難波。難波市民学習センターにて。
 10時〜12時です。
 お子様にも納得いただいた上で授業に臨んでほしいので、当日はお子様とご一緒にご参加下さい。
 ただしどうしてもお子様に都合がある場合は保護者さまのみのご参加でも構いません。

 説明会へご参加希望の方は、メッセージあるいはメール(maemuki0703@gmail.com)にてお申込みください。
 また、ご質問に関しても同様にお問い合わせ下さい。

------
 最後に講師プロフィールです。

 心理カウンセラー、学習塾講師
 島 幸樹(しま さちき)

 大阪府八尾市で学習塾を経営。大学では臨床心理学を専攻。主に乳幼児期の親子関係やその後の対人関係の研究。卒業後、大手学習塾にて教室長として勤務。
 2006年独立のために退職。同年、学習塾KO-SHINを開業し、現在に至る。
 2013年、人と接する仕事をする人を対象にした、心理学を学ぶための講座「ヒューマンリレーションズ心理学」を開講。基礎コースと実践コースがある。
 他、心理学講座座談会、母親対象子育て講座、その他各種セミナーを行っている。

米国NLP(実践心理学)協会認定 マスタープラクティショナー
日本交流分析協会認定 交流分析士2級
日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー
一般社団法人クリエイティブコーチングジャパン認定 子育てコーチ

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹

2014年01月13日

積もる雪のように

 いつもありがとうございます。
 塾長の島です。

 大阪では雪が積もることはあまりありませんが、北海道や日本海側の地域ではもうけっこう雪が降っているようですね。

 雪は、積もった後よりも積もる前の方がたくさん降っているように感じます。
 最初に道路の温度をしっかりと冷やさないと、雪は積もることはできないんです。

 降っても降っても溶けては消えていくたくさんの雪は、何の意味もなく降っているのではありません。
 溶けてすぐになくなってしまうのですが、ちゃんと一粒一粒、自分たちの役割を果たしているんですね。
 冷たい風の中でたくさん降る雪たちは、道にこぼれて溶けて、道にこぼれてまた溶けて。
 そうやって少しずつ確実に道路の温度を冷やしています。
 十分に道路の温度が冷えたら、あとはそこから雪はどんどん積もっていくんです。

 それはまるで僕たちの普段の努力のようです。
 毎日英語の単語練習をしたり、社会の暗記モノを読んだり書いたり隠したり、数学の問題に悩んだり。
 間違ってはまたやり直したり。

 こんな1つ1つの努力。
 目に見える形で結果に結びつくまではけっこうな時間がかかります。

「やってもやっても頭が良くならない」
「成績が上がらない」。
 そんなこと言ってやめてしまう人がいるかもしれません。

 でもそこでやめてしまうから良くないんです。
 積もる前にしっかりと道路を冷やす雪のように、僕たちの日々の努力には必ず意味があります。

 決してあきらめず、がんばっていきましょうね。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。