2014年04月21日

言葉と絆と感情とスマホ

 いつもありがとうございます。
 塾長の島です。


 今となっては昔の話だけれど。
 僕がまだ子供の頃。
 小学校とか中学とか。

 友だちに何か言いたいことがあるんだけど、うまく言えないってこと、たくさんありました。
 心の中でモヤモヤしてる気持ちとか。
 相手が言ってることと自分の思っていることが少しだけちがっていて、でも、その少しのちがいがうまく言葉にならなくて。
 それでもどかしくなったり、不機嫌になったり。
 そしたら、それで向こうも嫌な気分になって、それがきっかけでちょっと2人(とかグループ)の関係がおかしくなって。

 ってこと。
 こんなことは子供でなくても大人でも、普通の人間関係の中でよくあることでした。

 こういうとき、うまく言えない言葉でも、書き言葉にすればうまく伝えられることを僕は何度も経験しました。
 詩のような文章だったり、手紙のような文章だったり。
 書き言葉って素敵だと思います。
 口に出して言えないような言葉でも、落ち着いて書くからなのか、自分自身を客観視できるからなのか。
 その方が相手にうまく表現できることがあって、僕は書き言葉は好きです。

 だけど、言うことが言えなくて、うまく伝わらなかったあの頃も大切な時期でした。
 うまく伝わらないけど、相手にも相手の感情があって、そこでお互いにギクシャクするんだけど、やっぱりそこから相手のことを理解するようになったり。
 そんな過程自体が、お互いの絆を強くする、人間どうしの関係なんだろうなって思います。
 そうやって、人と人のつながりっていうのを学んできました。

 ポケベルが出たり、Windowsが出たりして、今までより書き言葉で気持ちとか自分自身のことを伝えられる機会が増えました。
 そして、ブログがでて、プロフがでて、ミクシーがでて、Twitterがでて、LINEがでて……。

 今、子どもたちはリアルな人間関係を学ぶ前に、スマホを使うことができるから、LINEのタイムライン、あるいはグループの中で経験する人間関係の方がむしろリアルな関係になっているようにも僕には感じられます。

 良い面ももちろんたくさんあるけれど、このことで疲れている子どもたち本人や、お母さんたちもいるようです。

 先日、ご相談をお伺いした方からもそんな話をしたばかりなのでした。
 なかなか課題の多い問題ですね^^

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹

2014年04月17日

自分らしく正直になれたら

 いつもありがとうございます。
 塾長の島です。

 ある小学生の子供が学校に行きたがらなくて、親も先生も周りの大人の人たちもみんな困ったんです。
 いじめられてる様子もないし、クラスや担任に何か問題があるようでもないし。
 みんなこの子を良くしようと思うんですが、多くのカウンセリングや大人の人たちは、何をもって「良い」とするかというと、社会に適応しているかどうかなんです。

 社会に適応というのは、この子でいえば「ちゃんと学校に通えている状態」であったり、「学校の友達とうまく付き合えている状態」であったり。
 だけど、適応はしているに越したことはないかもしれないけど、必ずしもそうでないといけないわけでもないのかもしれない。
 こう生きなければいけないっていうものが、そもそももう存在していなくて、いろいろな正解が存在している。

「こう生きなければいけない」っていう観念は、誰かから植え付けられたものだからしんどいのであって、極めて個人的な「こう生きなければいけない」という観念に一致感を持っているのであれば、それで良いんだと思います。
 例えば「男は強くなければいけない」というのはみんながそう思って生きる必要はもちろんないんだけど、本当に心から素直に「男は強くなければいけない」と信じていて、一致感を持って生きている人がいるなら、その人はその人らしく生きているんだから、健康的なはずでしょう。
 もしその人が社会に適応できていなかったとしても、その人はきっと平和。
 誰かに教えられた正解を生きようとして、自分らしく生きられていないとき、人はつらい思いをするのかもしれません。

 みんな違ってみんな良いっていうけれど、みんなが周りの声ではなく、自分に正直でいられたら良いのになって思います。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹

2014年04月14日

生きることは選択すること

いつもありがとうございます。
島です。

「だるい」「おもんない」
子供たちだったらこういうことをよく言います。
でもそれは自分たちでそういう生き方を選択しているから。
楽しい生き方か、つまらない生き方か、はじめからそういう世界がそこにあるんじゃなくて、自分が何を選択しているか。
少しヒンヤリする朝に家にいるのも、薄いジャケットを着て外に出るのも自分の選択。
下を向いてご飯を食べるのも、誰かとしゃべったり、テレビ見て笑いながら食べるのも自分の選択。

子供じゃなくてもあるかもしれません。
「あの人のために私ここまでがんばってきたのに!!」
って、さっき駅のホームでそんな会話が聞こえました。
その人のためにがんばってきたことは自分の選択であって、その気があればそれ以外の選択をすることはできたはず。

「だるい」とか「おもんない」とかっていうのと同じように、「あなたのために私…のに!!」って考えるのも、その人のクセなんだと思う。考えグセ。
人生は楽しむためにあるっていう考えグセの人だっています。
まずは自分の考えグセに気付いたら、変わっていけるのかもしれないけど、そうするかどうかもまたその人次第。

Being is choosing
生きることは選択すること。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹

2014年04月01日

心の相談室「ひなた」について

 いつもありがとうございます。
 塾長の島です。

IMG_6926.JPG

 玉串川沿いに咲く桜を見てきました。
 満開です。
 空は青く、花は美しく、風は温かくて、とても心地良かったです。

IMG_6927.jpg

 さて、
 この度、学習塾内に心の相談室「ひなた」を設置しました。
 HPはこちらです。

 不登校やいじめ、あるいは引きこもり、発達障がいなど…、子どもたちに起こる様々なことに親御さんたちはどのように対応しますか?

「友だちとうまくやっていけない」「学校へ行く気がしない」と、子どもたちが口に出すことも親御さんは驚いてしまうかもしれませんが、それが口に出せないで、身体に症状が出る(嘔吐や頭痛など)こともあります。

 あるいは、子どもたちのことを心配なあまり、親御さんの方が抱え込んでしまい、しんどくなってしまうこともあるかもしれません。

 向進の「心の相談室」は、そういったお子さん、親御さんのためのカウンセリングルームです。

 カウンセラーには守秘義務があります。
 どうぞご安心の上、ご相談下さい。
 塾生や塾生の保護者さまだけでなく、塾生ではない一般の方もご利用いただけます。
 ご費用や時間など、詳しい内容はどうぞお問い合わせ下さい。


下記のことでお悩みの方はぜひご連絡ください。
・お子さんがいじめを受けている
・お子さんが学校に行きたがらない
・お子さんが最近特に会話をしなくなった
・お子さんが周りとうまくつきあえていないように思う
・お子さんが自分の気持ちをうまく伝えられない
・お子さんが授業中にじっとすることができない
・親御さんの不安が大きい  など。

カウンセラー紹介
島 幸樹(しま さちき) 心理カウンセラー 向進個別指導学院塾長
臨床心理学専攻  主に乳幼児期〜青年期の発達心理。精神分析学など。
米国NLP(TM)協会認定マスタープラクティショナー、日本交流分析協会認定交流分析士2級、メンタルヘルス協会認定基礎心理カウンセラー。
カウンセリングの他、心理学講座、子育て講座なども行っている。

※ご相談内容によっては他のカウンセラーが相談に応じます。 

どうぞ、お問い合せください。
IMG_6928.JPG

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。