2014年04月14日

生きることは選択すること

いつもありがとうございます。
島です。

「だるい」「おもんない」
子供たちだったらこういうことをよく言います。
でもそれは自分たちでそういう生き方を選択しているから。
楽しい生き方か、つまらない生き方か、はじめからそういう世界がそこにあるんじゃなくて、自分が何を選択しているか。
少しヒンヤリする朝に家にいるのも、薄いジャケットを着て外に出るのも自分の選択。
下を向いてご飯を食べるのも、誰かとしゃべったり、テレビ見て笑いながら食べるのも自分の選択。

子供じゃなくてもあるかもしれません。
「あの人のために私ここまでがんばってきたのに!!」
って、さっき駅のホームでそんな会話が聞こえました。
その人のためにがんばってきたことは自分の選択であって、その気があればそれ以外の選択をすることはできたはず。

「だるい」とか「おもんない」とかっていうのと同じように、「あなたのために私…のに!!」って考えるのも、その人のクセなんだと思う。考えグセ。
人生は楽しむためにあるっていう考えグセの人だっています。
まずは自分の考えグセに気付いたら、変わっていけるのかもしれないけど、そうするかどうかもまたその人次第。

Being is choosing
生きることは選択すること。

この記事をtwitterでつぶやく

 ◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
 学習塾KO-SHIN塾長 島幸樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。